薄毛改善のための生活習慣

2013.8.4|未分類

このエントリーをに追加

薄毛改善のための生活習慣

薄毛の最大の原因は、男性ホルモンの一種テストステロンが変化して悪玉男性ホルモン5α-DHTを作り出すことによりますが、その他にも、睡眠不足、ストレス、偏った食生活、運動不足など様々な生活習慣が関係しています。

生活習慣を改善して、薄毛予防対策をしましょう。





睡眠不足

睡眠不足は、髪の毛にとって大敵です。成長ホルモンが分泌さればされるほど髪の毛は成長し、薄毛になりにくくなります。
成長ホルモンは、夜10時から翌朝2時の間に最も多く分泌され、体全体の機能を回復させます。また横になることにより重力から開放され、頭に血液が回りやすくなります。その結果、毛母細胞分裂が活発に行われ、発毛を促すというわけです。
しかし十分な睡眠を取ることが出来ないと、成長ホルモンが十分に分泌されず、身体の十分なケアが行われません。その結果、優先順位の高い脳や臓器のメンテナンスのために多くの栄養、酸素が優先的に使われてしまい、髪の毛のメンテナンスは後回しにされてしまいます。

このようなことから、規則正しい十分な睡眠が育毛にとっては非常に大切なのです。
早めの就寝で、十分な睡眠時間を確保しましょう。



ストレス

ストレスと薄毛の関係は、科学的に立証されてはいないようです。
しかし、ストレスと薄毛の関係は、多くの方が主張しています。
その理由は、以下の通りです。

血行不良 
ストレスにより自律神経に変調をきたすと、毛細血管が収縮してしまい、毛根に十分な栄養が供給されません。その結果、発毛が阻害されるというわけです。


睡眠不足と不規則な生活 
睡眠不足が薄毛に繋がるのは先に述べましたが、ストレスが貯まると精神的に不安定になりやすく、その結果寝付きが悪くなったり、食生活が乱れたりしやすくなるため、髪に十分な栄養が行き渡りにくくなります。


内臓機能の低下
ストレスによって自律神経が不調になり内臓の機能が低下してしまうと、髪に必要なタンパク質の吸収率が低下してしまい、髪の毛まで十分に行き渡らなくなってしまうのです。


活性酵素の増加 
ストレスにより活性酵素が増加すると、毛母細胞が傷つけられる恐れがあります。その結果発毛が阻害されるというわけです。



ストレスを抱えない生活を送るというのはとても難しい問題です。
ストレスを抱える人の多くに共通しているのは、自分の感情を日々押し殺して生活しているということです。
それを解消するための一番良い方法は、自分の感じたままに生きるということですが、それはあまり現実的ではありません。
先ずは、自分自身としっかりと向き合い、自分の感情をありのままに感じてみることです。それを認め、その感情を持つ自分を許すのです。
あなたにはそれを感じるだけの理由があります。
出来れば一人きりになれる場所で声に出してみましょう。怒りたかったら怒っていいし、泣きたかったら泣いていいのです。必要ならば大声を出してもいいし、クッションを叩いてみても良いでしょう。

あなただけのストレスの発散方法を見つけ、定期的に発散するようにしましょう。



偏った食生活

食の欧米化が進む中、食生活も欧米風になって来ました。脂肪の多く含まれる食品が好まれ、インスタント食品やスナック類が多く消費されるようになりました。その結果ビタミン、ミネラルが不足し、栄養のバランスが崩れてきています。
こうした食生活は血液を酸化させ、脂肪酸が血液に付着し血流を妨げてしまい、髪に十分な栄養を行き渡らなくさせてまいます。
また偏った栄養バランスが皮脂腺を刺激し、毛穴をつまらせてしまい炎症が起こし、髪を抜けやすくさせるというわけです。

野菜を多くとったり、低脂肪高タンパクの食品を多く摂るなど食生活の質を向上させましょう。


運動不足

運動不足が直接的に薄毛に繋がるというわけではありません。しかし運動することで血行を促進させ、栄養素を頭皮にまで届きやすくします。
また新陳代謝の活性により、皮脂を排出させやすくします。
その他にも、適度な運動は身体をリラックスさせストレスを減らし、心地良い睡眠へと導く効果もあります。

激しい運動をする必要はありません。ウォーキングなど、自分に合った軽い運動をするように心がけましょう。



日々のちょっとした生活習慣の改善が、薄毛だけでなく体全体の健康を促進します。
是非もう一度、ご自身の生活習慣を見なおしてみてはいかがでしょか。












この記事にコメント

*

トラックバックURL

FXで稼ぐ