リジン、コラーゲンect.様々な栄養素の効果を上げる方法

2013.9.21|効果副作用 育毛サプリ 飲み方、用法用量

このエントリーをに追加

薄毛や健康に悩む人の多くが、その悩みの解消のためにネットやTVなどで「良い、効果がある」とされたサプリや食べ物を口にされたりすると思います。

以前だと、みのもんたが「○○がイイ!」と言えば、次の日のスーパーではその商品が飛ぶように売れ、食品売り場担当のバイヤーは、その商品を大量に仕入れるためのに、TVを必ずチェックしていたそうです。

当たり前に考えて、例えばもし仮にコラーゲンが髪にいいということが科学的に実証されていれば、毎日より多くのコラーゲンを摂取すれば、それで髪がより多く生えたり、張りやコシが出たりすると考えると思います。

ところがこれは大きな間違いなのだそうです。

どうやら栄養素の摂取は、「○○に似ている」らしいのです。
その○○とは一体何でしょうか?

 

それは、、、、、「恋愛」なのだそうです。

 

「恋愛」?意味が分かりませんよね。後で説明しますね。

実はこれ、1ヶ月くらい前にテレビで見たのですが、双子の姉妹それぞれ(テレビには、こまどり姉妹が出ていました)に違う方法でコラーゲンを与え、実際に肌への影響がどう違うのを実験したものです。

 

どういう方法で与えたかというと、一人には毎日コラーゲンがたっぷり入った食材の食事を与え、もう片方は、最初の一週間は先の方と全く同じ食事。次の一週間は、コラーゲン入りの食材だけを抜いて、その他は全く同じ食事を一週間ごとに繰り返すというもの、確か一ヶ月くらい実験してたと思います。

肌や髪の修復効果⇓


で、結果はどうかというと、ご想像どおり、隔週でコラーゲンを摂った方が、肌により大きな効果が出ていました。これのスゴイところは、全くコラーゲンを摂っていない期間も、その効果が現われ続けたということです。

常にその栄養素で身体を満たすことが、一番効果を上げる方法ではないんですね。

 

先ほど、「恋愛」に似ていると言いましたが要するに、押してばっかりではダメなのです。最初情熱的に押して、そのあと素っ気なくすれば向こうから寄って来るというもの。つまり身体の方に、その栄養素を欲しがらせないといけないわけです。「もっとちょうだい!」と言ってきた時に与えてやればいっぱい吸収されるのです。毎日「好きだ、好きだ」と言いまくっても、暫くしたら相手にされなくなるでしょう?それと同じです。

このテレビではコラーゲンで実験しいましたが、以前記事に書いたと思いますが、何年か前に見たテレビ番組で、ある美容研究家の方が、どんなに良い美容成分でも使い続けてゆくうちに耐性が付いて効かなくなるのを解消するために、その方は自分が良いと感じる3種類の成分を、3週間毎にローテーションして使うことで、効果を維持することができているそうです。

ですからこの方法はコラーゲンだけでなく、様々なものに応用出来る不普遍的な方法では無いかと思われます。

ちなみに私が、フィンペ、ミノタブを2日に一回しか服用しないのはそのためでもあります。




>>フィンペシア+ミノキシジルまとめ<<

よかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

この記事にコメント

*

トラックバックURL

FXで稼ぐ